辻島電鉄 :: ADULT EXPRESS :: 市松空港行き 
adultpour.exblog.jp
辻島市松             趣向を変えて仄かな芳醇と時事ニウスと。パッと見ぶったギリなのでご注意を。日々思考はびろうど。
ADULTTALK
ブログ カウンター
岩盤浴 東京IPアドレス求人情報

累計
今日昨日


Black Rider's Adventures

NZ旅行にてお世話になった
Masaさん率いる
Black Rider's Adventures LTD。
ニュージーランド南島北部に拠点を置くアドベンチャー志向の強い南島専門のツアーを組んでいる旅行会社。
我儘三昧奈僕らも
臨機応変に色んなアレンジをしていただいて
まことに有難い限りと・・・。
Masaさんは武士です。
それでもって可愛いです。
イカス男だYO!!1
ツアーの事や日々の出来事を語る
↓↓
「異国を自由気儘に・・・」
↑↑

も、なんだかほんわかで楽しいのです。



INA 辻島航空 NZ90便 Nelson行き


ニュージーランド旅行綴り開店しました。
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:ナゾ( 6 )
チェ・ゲバラ(Che Guevara)って一体?
なんか最近気になる人多い。
しかも誰も彼も詳細あぼーん。
意味ないね、こりゃ。

チェ・ゲバラ(Che Guevara)、本名エルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナ(Ernesto Rafael Guevara de la Serna, 1928年6月14日 - 1967年10月9日)は、アルゼンチン生まれのマルクス主義革命家で、キューバのゲリラ指導者。「チェ」はアルゼンチンのスペイン語で相手に呼びかけるときに使う言葉に由来するあだ名である。革命家として日本の坂本龍馬を非常に尊敬していたという。


ブエノスアイレス大学で医学を学ぶ。在学中の1951年にオートバイで南アメリカをまわる放浪旅行を経験し、南米各地の状況を見聞するうちにマルクス主義革命を志すようになった。1953年に大学を卒業した後、J.D.ペロンの独裁政権下のアルゼンチンを離れ、アルベンス・グスマン社会主義政権下のグアテマラに行く。グスマン政権がCIAに後押しされた反抗勢力に倒されると、メキシコに移り、この地に亡命中のフィデル・カストロと出会った。キューバのフルヘンシオ・バティスタ独裁政権打倒を目指すカストロに共感したゲバラは、反バティスタ武装ゲリラ闘争に参加することを決意する。

1956年、メキシコでカストロとゲバラが組織した革命軍は、メキシコから一隻のクルーザー「グランマ号」でキューバへ渡る。上陸後すぐにバティスタ政権の攻撃を受け、80人のメンバーは12人しか生き残らなかったが、カストロとゲバラは生存者であった。かれらは、キューバ東部のシエラ・マエストラ山地に篭って再起し、武装闘争を継続した。カストロのゲリラの指導のもとに次第に反政府勢力が結集し、1959年、ついにバティスタは亡命する。

カストロの革命政権のもとで、キューバ国立銀行総裁、工業相、キューバ統一革命組織幹部会員などを歴任し、外交の面でも重要な役割を果たした。しかしカストロとの確執もあり、ゲリラ戦争の経験を活かした革命を他の国でも成し遂げるべくキューバを離れる。アフリカのコンゴで革命を指導した後、南米のボリビアに渡るが、1967年10月8日、この地でアメリカ合衆国政府が派遣した軍事顧問により対ゲリラ戦の訓練を受けた政府軍により捕えられ、その翌日に殺害された。

なお最期の言葉は射殺を躊躇する兵士に向かい「ここにいるのは英雄ではない。ただの一人の男だ。撃て!臆病者め!!」

また、1959年にアジア・アフリカの親善大使として来日。12日間滞在した。このとき、広島市の原爆資料館を訪問し、「アメリカにこんな目に遭わされておきながら、あなたたちはなおアメリカの言いなりになるのか」と案内人に語った。

チェ・ゲバラの生涯と思想は西側の若者や革命を目指す者たちに熱狂的にもてはやされ、その写真は1960年代の後半頃からTシャツやポスターに印刷されるシンボルとなった。

[PR]
by ADULTPOUR | 2006-04-16 09:38 | ナゾ
― ラスプーチンとは何者だったのだろう ―
f0052235_0551088.jpg






のちに怪僧と呼ばれたこの男の本名は、グリゴーリ・イェヒモビチ・ラスプーチンという。
もとはシベリアのチュメニ県ポクロフスコエ村の貧しい農家の出身である彼は、まともな学校教育を受けたことがないにもかかわらず知力には優れたものがあったといわれている。彼については様々な説があるが、ロシア正教会の正規の僧侶ではなかったこと以外、その実像は現在でも不明とされている点が多い。

20才ですでに結婚していたラスプーチンは、ある日突然、父親と妻に「巡礼の旅に出る」と言い残し、ふらりといなくなってしまう。一説では畑仕事をしている時に聖母マリアの啓示を受けたのが原因といわれているが、その一方では、単に畑仕事に嫌気をさした彼の呈のいい逃げ口上ともいわれている。

さて、その後、彼の巡礼の旅は十数年にも及んだ。その中で彼は自信に満ち満ちた説教(ハッタリ?)と眼力(演技?)にメキメキ磨きをかけ、それにすっかり心服した(ダマされた?)帰依者(カモ?)が彼の周りに集まるようになってきた。その頃になると、彼はシベリアの農民たちの間で名を知られる有名人になっており、彼自身も自分の力を生かして「もっとビッグに」という野望を抱くようになったという。

 

1904年、ペテルブルク(のちにペテログラードと改称)に居を構えた34才の彼は、東方密教の修道院で習得したという神秘的な占星術や呪術で上流階級の婦人たちの間で評判になっていく中、ニコライ大公夫人に取り入り、病気治療を施した信望者からは『奇跡を行う神の人』とさえ称されるまでになっていた。そうしてラスプーチンの奇跡の噂はロシア皇帝ニコライ二世と皇后アレクサンドラの耳にも届くのである。

皇帝ニコライ二世の息子アレクセイ皇太子は、病弱で血友病の持病があった。奇跡の人・ラスプーチンはアレクサンドラ皇后に紹介されると、すぐさま信頼を勝ち取り、1905年11月1日にはロシア皇帝ニコライ2世に謁見を果たすのである。


その後、ラスプーチンは皇太子の病状が悪化する度に宮廷に呼び出され祈祷を施すようになるのだが、不思議なことに、彼が祈祷すると皇太子の病状が治まったことから、皇帝夫婦から絶大ともいえる揺るぎない信頼を得ていった。

皇帝ニコライ二世は、彼をいつもそばに置き、何に関しても彼に相談し、彼の占いや予言に頼り切るようになっていった。当時のニコライ二世の日記には頻繁に彼の名前が登場している。また、現存する写真や映像の中にも、皇帝夫妻に影のように寄り添う黒装束の異様な風貌の人物・ラスプーチンの姿が多く残されている。

 

皇帝夫妻から『我らの友』と呼ばれる大のお気に入りに成り上がったラスプーチンは、宮廷内を我がもの顔に闊歩し、次第に政治にまで口を挟むようになる。

彼の身辺を調査した当時の秘密警察は、彼の日常生活について『醜態の限りを尽くした淫蕩な生活』(乱○パーティー?)と報告したが、皇帝夫妻は全く取り上げなかった。
ラスプーチンが行ったといわれる怪しげな祈祷は、現在、密教技術を用いた気功の一つである秘伝功と考えられている。どうやってこの秘術を身に付けたのかは不明だが、東方正教会在住時に身に付けたのではないかともいわれている。

皇帝の側近たちの多くは、怪しげな祈祷師でしかないラスプーチンの排除を皇帝に嘆願したが、皇帝は聞き入れようとはしなかった。一方、ラスプーチンの宮廷での影響力をあてにした宮廷内の極反動派や金融資本家などが利益を得ようと彼に取り入り、宮廷内は分裂の危機に瀕していた。

 

更に、第一次世界大戦下、ロシアが苦戦に陥ったため、陣頭指揮に当たるためニコライ2世が前線に出てしまうと、皇帝から後を託されたアレクサンドラ皇后がラスプーチンを頼んで政府を主導するようになった。

そうして内政を握る皇后アレクサンドラが、大臣や官僚の任命まで予言者である彼の言葉で決定してしまうため、貴族たちの間では不満の声がますます大きくなっていった。


そんな中、次第に皇后アレクサンドラとラスプーチンの愛人関係が囁かれるようになり、一向に好転しない戦況から二人がドイツと密約を交わしているのではないかという憶測まで飛び出し、革命の風潮が高まる中、ラスプーチンはとうとう反ラスプーチン派の貴族によって暗殺されることになる。

1916年12月25日。

皇族ユスポフ家にてユスポフ公を先陣にして行われたこの暗殺劇の一部始終は奇怪な記録として残っている。

はじめ貴族たちは暗殺計画などおくびにも出さず、友好的な雰囲気を装ってラスプーチンを皇族ユスポフ公の屋敷に招いた。そして、平然を装って彼に毒の入ったワインを飲ませた。

しかし、おかしなことにしばらく経っても全く効き目が現れなかったため、焦った貴族たちは短剣で刺した。それでも死なないので、次は銃を使った。合計4発の弾丸を撃ち込んだが、それでもまだ息があった。

まるでターミネーターのようなしぶとさである。

このへんで貴族たちは相当気味が悪くなったと見える。毒入りワインなんて優雅な考えはとっくに吹っ飛んでしまったらしく、どんどん力まかせな方法に出はじめるのだ。

次には棍棒で頭を砕いて撲殺しようとした。しかし、それでもまだ生きているので、窓から道路に叩き落した。それでも息があるので、最後は身体をむしろに巻いて凍てつくネヴァ川に放り込んだ。・・・と、まあ、思いつく方法すべてを試みた必死の形跡が見てとれる。この時、彼らの手元にダイナマイトがあれば、迷わず使ったに違いない。
この奇怪な一夜から3日後、ネヴァ川の厚く張った氷の下からラスプーチンの遺体を引き上げたのだが、彼の肺を調べると、その両肺は水でいっぱいだったという。

やはり彼は確かにネヴァ川に棄てられるまで生きていたのだ。

 

彼の死は国中に知らされ、宮廷を好きに操っていたこの怪しげな祈祷師の死を国民は心から祝ったといわれる。

 

ラスプーチンは、生存中から馬泥棒の経歴や女信者との淫らな関係を何度となく新聞に取り上げられており、怪僧や怪物などと称されたが、その奇怪な最期の様子もまた怪物と呼ばれる由縁になっている。そして、現在でもその人物評は最悪である。
[PR]
by ADULTPOUR | 2006-04-16 00:55 | ナゾ
身体完全同一性障害(Body Integrity Identity Disorder)
米コロンビア大学の精神科医、マイケル・ファースト博士は、現在、稀ではあるが確かに存在する、これら切断願望を持った人々について研究を行う数少ない科学者である。博士によれば、これら一連の症状は現在、身体完全同一性障害(Body Integrity Identity Disorder、 以下BIID)と呼ばれているという。

「彼ら切断願望を持った人々は、アンプティー(四肢切断者※)のことをあたかも”障害に打ち勝った強い人”として、憧れの眼差しで見るんです。」しかしファースト博士によれば、彼ら四肢切断願望を抱えた人々は、その奇妙な妄想を別として、他に何ら精神面に問題を抱えていないという。

「何よりも驚くべきなのは、それら四肢切断願望を持った人々の多くが、普段はまるで普通の人々であるために、例え面と向かって話したとしても、全く気がつかないということです。また彼等がハンディキャップを持った人々に憧れを抱くのは、常に幼少時代に始まっているんです。」


今日も朝から元気です。
一葉はワナビーからディヴォーティに属するかとおもいます。
おはようございます。
脳内親不孝です。

なんらBIIDに疑問を持たない一葉は
阿呆でしょうか。

ハンディキャップを持った人に憧れ、というものはないとおもいますが。
少なくとも同情していただきたいとかは思いません。
x51では奇妙な妄想とかかれていますが
性同一性障害などと同じく
BIIDの人々はあるべき姿だと思えないわけです。

わたくしも見識が狭い故
BIIDに関して知ったのはここ数年の話です。

実際何人もの方が自ら四肢を放棄し
やっと自分というものになれたと満足している。
f0052235_985284.jpg


身体完全同一性障害

性同一性障害は、自分の肉体の性別と、
自分自身が認識している自分の性別とが
異なっている場合のことです。

この身体完全同一性障害は、自分の肉体の状態と、
自分自身の認識している肉体の状態が
異なっている場合になります。

具体的には、健常者の場合、足が二本、腕が二本存在しますが、
これ自体が異常であると感じることになります。

1.四肢が切断された人間に対して性的興奮を覚える症状(四肢切断熱愛者)
2.健全であるにも関わらず、松葉杖や車椅子を使い、障害者を演じる症状(四肢切断偽装者)
3.そして三つ目は実際に自らの四肢を切断したいと願う症状(四肢切断信奉者)
※一般に切断者をアンプティー(Amputee)、志願者をワナビー(Wannabe)、愛好家をディヴォーティー(Devotee)と呼ぶ。写真はディヴォーティーの間で絶大な人気を誇るミス・アンプティーこと、 - ジェニファー・クラム。彼女はアンプティーのモデルとして、プレイボーイなどにも登場している。


[PR]
by ADULTPOUR | 2006-04-13 09:08 | ナゾ
三島由紀夫の首
今日は未だ寝ていない。
暇だからといって
久々にグロテスクな画を漁ってみたりする。

三島由紀夫を敬愛する人は多数いらっしゃるだろうが
三島由紀夫のクビを見ようとしたやつは
あまりいないんじゃないかと思っていた。
まー、そういうこともないようで。
しっかり多数のサイトに当時の朝日の記事の写真があった。

ストック中の三島由紀夫は何の自慢にもならないが
なんとなく一葉のストックの中の三島由紀夫のクビに目が惹かれたので
書いてみようかなんて思ったわけだ。


十一月二十六日付「朝日新聞」の報道によると、牛込署捜査本部は二十五日同夜二人の遺体を同署で検視し、結果を次のように発表した。  

三島の短刀による傷はへソの下四㌢ぐらいで、左から右へ十三㌢も真一文字に切っていた。深さは約五㌢。腸が傷口から外へ飛出していた。日本刀での介錯による傷は、首のあたりに三カ所、右肩に一カ所あった。  

森田は腹に十㌢の浅い傷があったが、出血はほとんどなかった。首は一刀のもとに切られていた。三島と森田は「楯の会」の制服の下には下着をつけず、二人ともさらしの新しい〝六尺″ふんどしをつけていた。 

検視に立会った東大医学部講師内藤道興氏は、「三島氏の切腹の傷は深く文字通り真一文字、という状態で、森田の傷がかすり傷程度だったのに比べるとその意気込みのすさまじさがにじみでている」と話した。 

もう一つ、十二月十三日付「毎日新聞」掲載の「解剖所見」を引用すると、(三島由紀夫・十一月二十六日午前十一時二十分から午後一時二十五分、慶応大学病院法医学解剖室、斎藤教授の執刀)。死因は頚部割創による離断。左右の頚動脈、静脈がきれいに切れており、切断の凶器は鋭利な刃器による、死後二十四時間。頚部は三回は切りかけており、七㌢、六㌢、四㌢、三㌢の切り口がある。右肩に、刀がはずれたと見られる十一・五㌢の切創、左アゴ下に小さな刃こぼれ。腹部はへソを中心に右へ五・五㌢、左へ八・五㌢の切創、深さ四㌢、左は小腸に達し、左から右へ真一文字。身長百六十三㌢、四十五歳だが三十歳代の発達した若々しい筋肉。 

森田必勝(船生助教授執刀)については、死因は頚部割創による切断離断、第三頚椎と第四頚椎の中間を一刀のもとに切落としている。腹部のキズは左から右に水平、ヘソの左七㌢に深さ四㌢のキズ、そこから右へ五・四㌢の浅い切創、ヘソの右五㌢に切創。右肩に〇・五㌢の小さなキズ。身長百六十七㌢。若いきれいな体をしていた。





生命尊重のみで、魂は死んでもよいのか。生命以上の価値なくして何の軍隊だ。今こそわれわれは生命尊重以上の価値の所在を諸君の目に見せてやる。それは自由でも民主主義でもない。日本だ。われわれの愛する歴史と伝統の国、日本だ。これを骨抜きにしてしまった憲法に体をぶつけて死ぬ奴はいないのか。もしいれば、今からでも共に起ち、共に死のう。われわれは至純の魂を持つ諸君が、一個の男子、真の武士として蘇えることを熱望するあまり、この挙に出たのである。


   三島 由紀夫

[PR]
by ADULTPOUR | 2006-04-07 10:24 | ナゾ
謎でもなんでもない国際刑事警察機構のこと。
第1章 国際刑事警察機構の概要

--------------------------------------------------------------------------------

◆名  称

ICPO本部所在地
国際刑事警察機構(International Criminal Police Organization)

◆設  立
1956年(前身の国際刑事警察委員会は1923年設立)

◆本部所在地
フランス(リヨン市)

◆組  織
総会
執行委員会
事務総局
国家中央事務局 (日本においては警察庁)

◆加盟国数
181か国・地域(2003年3月現在)

◆財  政
2004年…約3,690万3千ユーロ、邦貨換算額/約47億2,358万円

◆主な活動
*国際犯罪及び国際犯罪者に関する情報の収集と交換
*国際会議の開催
*逃亡犯罪人の所在発見と国際手配書の発行等

◆日本警察とICPO
加盟年:1952年(前身の国際刑事警察委員会への加盟)
活 動:
○総会(1967)及びアジア地域会議(1967、1987)の開催
○アジア地域通信網の地域局の設置(1970)
○事務総局への警察庁職員の派遣(1975~)
○国際的な捜査協力の実施等


◆ICPOの目的と原則
ICPO憲章第2条 機構の目的は次のとおりである。
(a)各国の国内法の範囲内で、かつ、「世界人権宣言」の精神に基づき、すべての刑事警察間における最大限の相互協力を確保し、及び推進すること。
(b)一般法犯罪の予防及び鎮圧に効果があると認められるあらゆる制度を確立し、発展させること。

第3条 機構は、政治的、軍事的、宗教的又は人種的性格を持ついかなる干渉又は活動もしてはならない。


初めて知りました。詳細。
いろいろ調べてみるもんですね。

しかし、銭形という名前が頭から離れない。

f0052235_16554479.gif

[PR]
by ADULTPOUR | 2006-02-24 16:55 | ナゾ
<ナゾカイメイ>スイス銀行

 スイスのプライベート・バンクは、「銀行」とは言っても、預金だけをするところではありません。日本でいう「証券会社」的な機能も兼ね備えています(これを「ユニバーサル・バンキングUniversal Banking」と言います)。従って、銀行を通じて、株式、債券、ファンド(ヘッジファンド等を含む)を買い、銀行に保管・管理させることができ、しかも、ほとんど世界中の株式、債券、ファンドを買って、預金とともに一元的に管理させることができるわけです。

仮に、世界中の銀行や証券会社に口座を開いて預金や投資をするなら、口座開設手続きが面倒なだけでなく、送られてくる外国語の書類の山に埋もれて、自分の資産状態が現在どうなっているかを把握することすら容易ではなくなるでしょう。

しかし、スイスのプライベート・バンクを利用した場合、そのような不都合は生じないのです。

「ユニバーサル・バンキング」とは、普通は「銀行・証券の垣根」のない「何でも銀行」を意味しますが、スイスのプライベート・バンクの場合は「どこでも銀行」でもある、というわけです。

 さらに、スイスのプライベート・バンクを利用する際の大きなメリットとして、「匿名性」が挙げられます。

 例えば、アメリカ株を買うためにアメリカの証券会社に口座を開く場合、通常は米国の社会保障番号(居住者でない外国人がこれを取得するのはまず無理)が必要となりますが、それほど厳しくない場合でも、最近は納税者番号(これは原則として誰でも取得できます。取得方法は『完全日本語版アメリカ・ビジネスフォーム集』を参照して下さい)を求められるようになってきています。これは、要するに、アメリカ人でもないのに「アメリカの国民総背番号制度」の一員とならなければ口座は開けない、ということです。

仮に、これと同じように世界各地に口座を開いて投資するとすれば、その度ごとに、その国の「国民背番号」への加入を求められることになりかねません。そうでなくても、証券会社や株式・債券の発行企業、ファンドの管理会社などに個人情報を開示しなければいけないのは明らかです。

そのような形で個人情報が世界中に散らばったなら、どこからか投資家の秘密が漏れないと、果たして言い切れるでしょうか。

 スイスのプライベート・バンクを利用するなら、銀行名義での投資をしなければならないという心配はありません。それというのも、銀行は、投資家個人の名義ではなく、銀行の名で投資を行うからです。従って、たとえ世界中で株式、債券、ファンドを買ったとしても、その真の所有者を知っているのは銀行(しかもごく少数の担当者)だけで、投資家の個人情報は、厳格なスイス銀行法に守られて外部には一切漏れない、ということになります。

 これは、一般の銀行や証券会社を通じた取引との極めて大きな違いです。

 この守秘性は、スイスのプライベート・バンクの最大の特徴の一つと言って間違いありません。

最近では、アメリカや日本の銀行でも「プライベート・バンキング」を標榜しているところが見受けられますが、外国人も含めた国民総背番号制を敷いている国は言うまでもなく、厳格な守秘義務が保たれないような制度、文化の下では、本来のプライベート・バンキングは成り立ち得ない、というのが当方の考え方です。

 以上の理由で、本格的な国際分散投資をするなら、スイスのプライベート・バンクの利用はぜひとも考慮するべき選択肢であると言えます。
[PR]
by ADULTPOUR | 2006-02-14 10:58 | ナゾ